2009年12月10日

マンザナール国定歴史史跡 そして。。


2つ目の山脈を越えると、雪が積もった、明らかに寒そうな山脈がみえてきました。
おそらく、セコイア国立公園を含む山脈と思われます。

PB300102.JPG

高い、積雪のある山脈にはさまれているせいか、このvalleyは非常に風が強く冷たかったです。
このvalleyにマンザナールはありました。

マンザナール強制収容所(、Manzanar concentration camp)は、第二次世界大戦中に日系アメリカ人が収容された収容所の一つ。日系アメリカ人が収容された10の収容所の中で最もよく知られている。「マンザナール」とはスペイン語で「リンゴ園」を意味する。収容所は最も多くて10,046名を収容した。合計では11,070名が収容された。-wikipediaより

1942年から終戦まで、それまではカリフォルニア全土に住んでいた日系アメリカ人及び移民が集められ、約3年の間この地で過ごしていたようです。
当時のマンザナールの様子-資料館の写真より
PB300108.JPG
考えることは色々ありますが、
1つ言えることはすごく寒かっただろう、ということです。

資料館
見た目は質素ですが、中の展示は充実しており施設も新しかったです。
終戦後、収容されていた人たちは帰りの切符代金だけを渡されここを去ったそうです。
今は当時を物語る建物はほとんど残っていません。
PB300103.JPG

慰霊塔
後ろの山が寒さを物語っています。
PB300110.JPG


そして。。
結構な時間になっていたので、この山脈を南にひたすら下る帰路に着きました。
雄大な景色と、片道2車線道路。
急がなきゃ!!と思って快調に走っていたところ
バックミラーにパトカーを発見!!
サイレンが鳴っていたのか定かではなかったですが、屋根のあたり青と黄色のランプがピカピカしており。。
私みたいですがく〜(落胆した顔)。。

全然気がつかなかったのですが、結構走り続けたようで
「後ろみないとだめだよ〜!」
と言われ、
「20マイルスピードオーバーだ。」といわれました、がーん。。

スピードオーバーは高い罰金(500ドル)か若しくは免停だそうです。
私には近々、高い罰金の請求書が送られて来るでしょう。。
制限速度には注意を払わないといけない と
捕まって再認識しました。。

posted by yakutaro at 07:25| ロサンゼルス ☀| Comment(3) | デスバレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デスバレー国立公園(西側)

見どころポイントが公園中心部にありますが、公園自体は非常に広く、次の目的地まで山脈を2つくらい超えることになりました。

1つ目の山脈を目指す
PB300078.JPG

1つ目の山脈に近付く
PB300090.JPG

1つ目の山脈を越えた後振り返った景色
PB300093.JPG

2つ目の山脈を目指す
PB300100.JPG

2つ目の山脈越え中に後ろを振り返った景色
PB300097.JPG

とにかく走りっぱなしの4時間でした。
こんな景色が待っているとは知らなかったので、この山越えを偶然にも体験できて
本当に良かったです。
特に山の上から見る景色が素晴らしかったです。

posted by yakutaro at 06:39| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | デスバレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デスバレー国立公園

11月28日(土曜日)

サンクスギビングの週末にデスバレー国立公園とマンザナール国定歴史史跡に行ってきました。

予定ルート(黄色線)
東北方面に我が家から約5時間の距離です。

デスバレー.JPG

デスヴァレー国立公園(デスヴァレーこくりつこうえん、Death Valley National Park)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州シエラネバダ山脈東部に位置する国立公園である。
総面積は13,158平方キロメートル(長野県とほぼ同じ)であり全米の国立公園中、最大である。アメリカの国立公園の中で最も暑く、最も乾燥した地域であり、さらに西半球で最も海抜の低い地点を含んでいる(バッドウォーター、海抜下86メートル)。デスヴァレー (Death Valley; 死の谷) という地名は、ゴールドラッシュさなかの1849年、カリフォルニア州にある金鉱地へ向かっていたグループが近道をしようとしてこの谷に迷い込み、数週間さまよった末にメンバーの数人が酷暑と水不足によって命を落としたことに由来している。
この地域の自然環境は長い時間をかけて形成されたものであり、複雑な地質をしている。最も古い岩石は少なくとも17億年前に形成されたものであり、大きく変成している。-wikipediaより

公園南側からアクセスした景色
PB290066.JPG

PB290099.JPG

PB290100.JPG

PB290101.JPG

バッドウォーター(海抜−86m)
白くみえるのは塩で、舐めたらしょっぱいです。
PB290105.JPG

ザブリスキーポイント
湖の堆積物からできた地層がみられるところです。
PB290139.JPG

ダンデスビュー
夕暮れ時、標高1600mから海抜-86mを見下ろしたところ
天国から何かをみているような気分になります。
PB290151.JPG

公園東側からアクセスした景色
夜明け直後
PB300006.JPG

何故か雲がどれもくっきりとした形をしていました。
PB300010.JPG

PB300045.JPG

GOLDEN CANYON トレイル
実際に歩いてみるとまた違った感動が得られます。
PB300028.JPG

PB300041.JPG

小川が流れ、緑がみられるところもありました。
PB300066.JPG

とにかく雄大で、美しい景色でした。

おまけ:泊まったホテル
とにかく古くて印象深いホテルでした。。
PB290176.JPG

posted by yakutaro at 06:25| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | デスバレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。