2009年10月22日

グレイシャーポイント

10月6日(火曜日)

翌朝は赤いきつねを食べて
またおにぎりを作って朝8時に宿を出発。
先日通行止めになっていたグレイシャーロードがOPENになった
という情報を得たため、さっそくグレイシャーポイントを目指しました。

さすが通行止めになっていただけのことはあり
雪があちらこちらにみられました。道路もスリップしそうな予感満点で
恐ろしかったです。
ただ、対向車が全くいなかったのでそういう点では救われましたが
途中、前にも後ろにも車がいないことに不安を感じ結局恐ろしかったです。

途中、鹿が車の前にぴょこんと出てきて
ぎゃ〜!!
となりました。
ここが崖だったら、私たちが死んでいるか、鹿が死んでいるかどちらかでした。

鹿はこちらをじっとみたあと、反対側の林に走って行きました。
残念ながら写真を撮っている時間はありませんでした。

グネグネ道を通りぬけて、約1時間のドライブの後、無事グレイシャーポイントに到着しました。
グレイシャーポイントはヨセミテの素晴らしい景色が標高2200メートルから見渡せる人気スポットです。
PA070128.JPG
目の前にハーフドームが見えます。
ハーフドームは1/3が氷河で削られてしまったのでこのような形をしているらしいです。

PA070132.JPG
その昔、一帯はすべて氷河で覆われていたということです。
氷河がとけて、岩を削り取ってこのような谷ができました。

PA070123.JPG
下を見ると昨日行ったビジターセンターのある集落がミニチュアみたいに見えました。

私たちは朝でしたが、日が暮れるころに行くとさらに素晴らしいらしいです。
posted by yakutaro at 03:38| Comment(0) | ヨセミテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森のくまさん

そのあと、ハーフドームが湖に映ることで有名な、ミラーレイクに行くことにしました。
またバスに乗って次の停車場で降ります。

今回の旅で私が楽しみにしていることに
・クマをみること
・ロッククライマーをみること
があります。

ミラーレイクまでの30分の道のりは両側を林に囲まれ
出発地点には次のような看板が

もしクマに出会ったら
子供がいたら抱えて
自分の後ろ姿をみせない
走って逃げたりしてはいけない
石などを叩いて音を発する
洋服を広げたり手を広げたりして自分を大きく見せる
それでもクマが逃げないようなら
戦いなさい

・・・。
最後だけ訓示になってないような気が。。

また、クマについてはこういう説明も多かったです。

食べ物はフードボックスの中へ。
フードボックスへ入れない場合は
自分の手の届くところに置いておいて。
車に置いたままにすると
クマが車を壊します。

そしてクマが車を壊した写真が。。

怖いな〜、でも見たい!
この林はクマが出てくるのにふさわしい感じがありました。

PA060105.JPG
でも結局みられず。
その上ミラーレイクは枯れて、子供たちの砂場になっていました。。
やはり夏がベストシーズンのようです。


体を休めて、翌日に備えることにしました。
PA080221.JPG
宿はヨセミテビューロッジで2泊。
公園内ではないけど、公園内の宿より安く快適
という口コミを読んで、ここに決めました。

PA070218.JPG
宿はすごくきれいなわけではないけど
広く、キッチンもついていて、暖炉もあり、シャワーはジャグジーつきで

PA060107.JPG
川が目の前を流れ、私はとても好きでした。
公園外ですが、十分大自然の中でした。
posted by yakutaro at 02:36| Comment(2) | ヨセミテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァーナル滝

気を取り直してまずはヴァーナル、ネバダ滝が見られるミストトレイルを歩くことにしました。
無料シャトルバスでトレイル入口まで行きます。
行って帰って徒歩約2時間のコースです。

PA060068.JPG
はじめのうちは緩やかな坂道でした。
どんどん歩いていきます。

PA060073.JPG
1/4ほどあるいたところ。

1/2くらい進むと橋があり、そこでリスたちに出会いました。

PA060079.JPG
シマリス

PA070158.JPG
しっぽの大きいリス

PA060082.JPG
さらに歩いて行くと勾配の大きな坂道になってきて

PA060084.JPG
そのうち岩登りになりました。

このトレイルは一応 難コース となっています。
でも登山家じゃないと登れない、とかそういうことではなく
年齢とか体力とか運動神経によっては 難あることがある
と、私は理解しました。
実際に息が切れてはきますが、難しいということはなく
急な登りがしばらく続きます。


PA060088.JPG
滝の全貌が見えてきました。
春は水が豊富で、洋服が濡れる程らしいです。

PA060102.JPG
そして人がようやく一人通れるような崖階段を登り終えると
ヴァーナル滝の上にたどりつきました。

達成感があり、景色も良く、気持ちよかったです。

ところで公園内でみられる野生生物には餌をあげないでと
いたるところに看板がみられます。
餌をあげてしまうと動物たちは自分で餌をとることをしなくなり
餌を求めて民家に近づいたり、餓死したりするから
だそうです。

そんな沢山の看板を見ただろうに、
滝の上でリスにバナナを半分あげている人を発見しました。
駄目じゃないの!と言いたかったけど勇気がないので
日本語で言ってみました。。
本当にやめたらいいのにと思います。


滝になる前の川のほとりでおにぎりを食べました。
ここでおにぎりを食べた人はあまりいないだろうと思いました。
posted by yakutaro at 02:29| Comment(0) | ヨセミテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。