2009年08月19日

Long Beach

8月8日(土曜日)

私たちの住む町からみると南西、405FW North に乗って約30分のところに
Long beachという港があります。
聞き覚えのある地名ですが、ガイドブックをみるとあまり観光スポットがありません。。

しかし、ロングビーチ水族館(!)と大きな元客船が停泊していることを知り
しえとが行きたいというのでいってみることにしました。

まずは水族館から。
夏休みシーズンということもあってか、家族連れが沢山いました。

この水族館は
・Tropical paciffic
・Sothern california paciffic
・Nothern paciffic
というように展示が3つの地域に分かれています。

日本でなら素通りされてしまいそうな地味な水槽(sothern ca pacifficなど)の前にも
子供たちがびっしり群がり。。
アメリカ人は魚に興味が無さそうなんてウソでした。。みんな興味深そうに魚をみていました!

SANY0122.JPG
この水族館の面白いところは、単に魚を鑑賞するというだけでなく
地球にとっての水、とか
フカヒレを食することによるサメの減少、とか
貿易港の話、とか
波と津波の違い、とか
ホヤがどうやって栄養摂取するか、とか
その他諸々の教育的な展示があるところです。

そういう、entertaiment と education が両方組み合わさったもののことを
「edutaimentというのよ、造語だけど」
と英語の先生は言っていました。


SANY0162.JPG
クイーンメリー号は全長約300mの、元豪華客船で戦前にアメリカで作られたものです。
客船として大西洋を行来していたけど、世界大戦の時は物資を運ぶ輸送船としても使われたそうです。
今はロングビーチに停泊しており、船の半分はホテルとして使われています。

SANY0138.JPG
中は長〜い廊下がどこまでも続いています(暗くてみえにくいです。。)

SANY0144.JPG
デッキなども合わせると6〜7階くらいの構造となっていました。
デッキから見える風景は横浜をすごく地味にした様な感じでした。

船には以前から あれ が出ると言われていて
船を見学する人は、強制的にGOASTツアーに参加させられました。。
あれ が出るのは客室の他に
プールとか
エンジン室とかで、作りも古いので普通に不気味でした。

SANY0134.JPG
クイーンメリーの隣には冷戦後、米ロの親交の印にロシアから送られたという
非原子力潜水艦スコーピオンがありました。
こちらにも入ってみたかったけど予算オーバーのため断念しました。

潜水艦はこわいな〜。。
posted by yakutaro at 02:37| Comment(2) | お出かけ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pageant of the masters

8月4日(火曜日)

知り合いになったお友達に、校内でボランティア英語教室があると聞いて
行き始めて約一か月。
上達はまだまだですが、先生がいろいろな催しをしてくれるのが楽しいです。
次の木曜日にTeaをしましょう、とか、
日曜日の夜にお散歩しましょう、とか。

今回は先生おススメの「Pageant of the masters」に行ってきました。
Pageant of the mastersは芸術家の街、Laguna beachで
毎年夏に約2ヶ月間限定で行われる「生きた絵、彫刻」とオーケストラの生演奏が
楽しめる野外ステージです。

生きた絵、彫刻というのは、舞台に大きな額縁(キャンバス)がセットされていて
そこに生きた人間が全身ペインティングと装飾を施し、あたかも本物の絵のように見せる、というものです。
例えば 最後の晩餐 ではキリストを中心に何人もの人間が衣装に着替え、ペイントし、
約1分くらい静止したまま観客に絵として見せる、という感じです。

http://foapom.com/
カメラ禁止だったのでイメージしにくい場合はこちらへ。
「Laguna beachには19世紀後半から絵描きが増え、芸術家たちのたまり場となった。
書いた絵を売ったりして暮らしていたが、不況で苦しくなり、
芸術家協会の人たちが、1932年のロス五輪の観光客がLaguna beachに流れることを期待して
夏のFestivalを開催することを思いついた。」そうです。

P1010385.JPG
エントランスです。内部は青空施設でした。
この中で子供からプロの人が書いた絵まで飾ってあったり、売っていたり
体験焼き物作りや、体験版画が楽しめるスペースもあります。
もちろん舞台もありました。

舞台は夜8時半からという遅いスタートでした。
何が素晴らしいかというと、その野外ステージの雰囲気です。
ステージのバックには高い山がそびえていて、その山頂にいくつかの家の明かりがともっている。
もうすぐ満月の月がみえて、星がみえて、あとは広い空とステージを囲む緑。
写真を撮ってしまえばよかったです。。。

オリジナルのスコアで演奏されているというオーケストラもとても良かった!
普通は絵に音楽って付いてないけど、絵に音楽をつけると絵の言わんとしていることが
もっとわかりやすく感じられました。

90分間の舞台でした。
一見の価値ありです!
posted by yakutaro at 02:22| Comment(4) | お出かけ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

OC Fair!!

7月19日(日曜日)

7月初旬から行われているという、Orange County Fairに行ってきました。
その名前は住所には入りませんが、私たちの住んでいる地域はオレンジカウンティという郡だそうです。
そのオレンジカウンティで行われる、移動動物園遊園地のことをOCFairといいます。
子供たちの夏休みに合わせて、年に1回1ヶ月間だけ開催されています。
SANY0028.JPG
移動動物園はわかるけど、移動遊園地ってどういうこと?
行ってみるとそこは普通に遊園地でした。しかもすごく派手な。

SANY0033.JPG
会場の入り口には主に家畜の動物を中心とした動物園がありました。
豚、牛、ヤギ、リャマ(?)、馬などなど、その子どもや赤ちゃんが激かわいいです(〃▽〃)
みんなえさを買って、あげていました。

私たちはまず観覧車に乗ってみることにしました。
すごいスピードで回っているのでいつ乗り換えているのだろう、と思ったら
乗り換えて、4〜5回まわって乗り換えて、といったように、乗り換えの時間が決まっていました。

SANY0034.JPG
SANY0038.JPG
上からみたOC Fairの様子です。


SANY0048.JPG
私が楽しみにしていたのが、Pig race!
20メートルプールくらいの大きさの会場にトラックができており、子豚ちゃんたちがかけっこします。
正面にスタート台がみえます。
SANY0055.JPG
全部で12匹ほどいるなか、最後は障害物つきの決勝レースが催されました!!
頑張れ〜!!

SANY0058.JPG
近くの会場では古典的サーカスを披露していました。
はとがでてきたり、旗がでてきたり。
このイスの技は本当にキケンですよ!!

他にもパーカッションのショーとか、延々とダンスをし続ける会場とか、
ピアノ連弾弾き語りとか盛りだくさんでした。

しえとは絶叫系のリフトを希望しましたが、あまりのチープさに身の危険を感じたため
おとなしくブランコと観覧車で落ち着いてもらいました。
それにしてもこんなにでっかい乗りものたちをどうやって移動してるのか?

夜は見ものだ、というので頑張って8時すぎまでねばりました。
再び、乗った観覧車から見えたものは!!

SANY0064.JPG
まさにアメリカン〜!!でした!!


posted by yakutaro at 08:24| Comment(7) | お出かけ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。