2010年02月04日

ロウアーアンテロープキャニオン

ラスベガスからさらに北東に進み、navajo自治区をめざしました。
ドライブが楽しい地形が多い
PC220039.JPG

nvajo自治区はネイティブアメリカンの中でも最大の民族であるnavajo民族が居住し
自治権も持つ地域です。
今でも伝統的な家に住んでいる人もいるようで、織物、装飾品、砂絵など
古くから伝わる工芸品を売っている露店が数多くみられました。

navajo地区にある最も有名なものといえばモニュメントバレーですが
その前にアンテロープキャニオンによることにしました。

ロウアーアンテロープキャニオン(地上)
PC220075.JPG

一見何もないステップのようなところですが
下に通じる狭い階段があって、そこを下ると摩訶不思議な空間が待ち受けています。

アドベンチャー感あふれるガイドツアー
PC220051.JPG

表面を触ると素焼きのようなかんじでした
PC220059.JPG

足もとも安定しないようなところをずっと歩いていきます。
天気が悪く、冬だったためこの程度の光ですが
夏の天気の良い時は差し込む光がとても美しく内部構造を照らすらしいです。

この構造はFlood Flash といって鉄砲水がこの地を流れ続けて作られたらしいです。
この地よりもっと上の地域から水が流れてくるため、鉄砲水の予測がつかず
何年か前に事故が起こったそうです。石碑が設けられていました。

大抵は夏の夜に、鉄砲水が流れるそうです。

ちなみによりポピュラーなアッパーアンテロープキャニオンという公園が
目と鼻の先にあります。
いずれもnavajoの方たちにガイドをしてもらって見学するツアーになっています。
【関連する記事】
posted by yakutaro at 02:28| ロサンゼルス ☀| Comment(6) | Navajo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やほ〜ナバホいいね〜
この不思議な地形のところに行ってみたい!

よく映画とかで出てくるよね〜
肌触りよさそうだよ。

もうちょっとしたら、東京の外れに引っ越す事になりそうです。。笑。
Posted by 浜っこ at 2010年02月04日 23:24
浜っこちゃん
ナバホいいよ〜。時間の流れがさらに緩やかな感じだったよ。
ここらへんの地質とか天候とか偶然できたんだろうけど
本当に不思議な地形が多いよね。
え??まだ一年経ってないよね?高円寺楽しそうだったのにね。。え〜!!本当!?
Posted by オレンジたろう at 2010年02月05日 02:22
すごく不思議な地形だね。
この岩の質感、私も触ってみたい!!
こんな所歩けるなんて、面白そう〜。

こういう赤い土って日本にはなかなかないよね。

Posted by kero at 2010年02月07日 14:25
けろちゃん
表面は滑らかじゃないよ。かすり傷できそうなかんじ。
私は鉄砲水きたらどうしようってずっと心配だったよ。
赤が本当にきれいだよ。
Posted by オレンジたろう at 2010年02月08日 02:07
昨日、世界ふしぎ発見でグランドサークルやってたよ〜
ここも出てたし、『The Wave』も!
1日10人限定ってすごいねぇ。
しかも、地図とGPSだけ渡されて
遭難しそうだけど、と思いました。

ブライズキャニオンなんかも出たので
(雪だった。)
まさにこんな感じだったんだなと思いながら
観ました。。
Posted by 浜っこ at 2010年05月09日 11:53
浜っこちゃん

思い出してくれてありがとう!

the wave って?と思ってwikiってみたら
かすかに思い出されたよ笑。
すごくきれいだね〜!! 
でも4ヶ月前に抽選でたった10人決まるって
ただの観光客には現実的じゃないかも^^;
アンテロープキャニオンもアメリカが管理していたら
人数制限できていたかもしれない。

ブライスキャニオンもおもしろい地形だよね!
標高が高いから冬は雪が降ることが多いらしい。
行ってみたいけどラズべガスから4〜5時間くらいで
我が家から10時間くらいかな。。と、遠い。。
Posted by オレンジたろう at 2010年05月11日 02:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。