2009年11月27日

Thanksgiving day

11月26日(木)

今日はThanksgiving dayです。11月の第4週木曜日です。
アメリカではクリスマスの次くらいに重要な日ということで木金土日と連休のところも多い様です。
伝統的にはTurkey を焼く日でもあり、私もTurkeyを焼いたことがある人をリーダーとして友達と焼いてみることになりました。

そもそも
感謝祭は、イギリスからマサチューセッツ州プリマス植民地に移住したピルグリムファーザーズの最初の収穫を記念する行事であると一般的に信じられている。ピルグリムがプリマスに到着した1620年の冬は大変厳しく、大勢の死者を出したが、近隣に居住していたインディアンワンパノアグ族の助力により生き延びることができた。翌1621年の秋は、とりわけ収穫が多かったため、ピルグリムファーザーズはワンパノアグ族を招待し、神の恵みに感謝して共にご馳走をいただいたことが始まりであるとされる。------wikipediaより

ピルグリムとはイギリスの清教徒のことです。

日本のおせちのように作るものがきまっていて
Turkey
グレービーソース(Turkeyの内臓や首のエキスからつくったソース)
グランベリーソース(ターキーにつけて食べる甘酸っぱいソース)
マッシュポテト(塩コショウミルク、グレービーソースで味付け)
ストリングビーンキャセロール(いんげんのグラタンみたいなもの)
コーン(バターで炒る)
がラインナップとなります。
当時を再現した食べ物らしいです。

朝早くから集合し、準備。
そして主役登場。ぎゃ〜!!
で、でかすぎる。約7キロほどあります。そして首が気持ち悪い・・。
PB270023.JPG

中を洗って拭いて、スタッフリングを作り詰め、焼き続けること約3時間。
こんがり色に焼きあがったTurkeyができあがりました〜!!
中にはパンなどから構成されている詰め物が入っています。
写真の中心に一部詰め物がみえています。
PB270030.JPG

そして分解して食卓に並ぶ
PB270034.JPG

作り方、材料、非常に興味深かったです。
Turkeyは鶏肉をもっとヘルシーにしたような感じでした。
美味しかったです。
posted by yakutaro at 14:20| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ターキー!!
私大好きなんだよねー。
SUBWEYに行くと必ずターキーサンドを注文するよ。
鶏よりあっさりしてて食べやすいから。
なかなか日本では普通に売ってないのが残念だ。

それこそ、伝統料理って感じでいいね。
どのメニューも美味そうだよ!
Posted by kero at 2009年11月28日 16:40
うまそげ〜!
いいなターキー!

去年神戸で初めて、クリスマスのデパチカに挑んだんだけど
恐ろしく大変だった・・・
しかし、25日ともなるとターキー一羽が半額になっていて
モモ2本とあまり変わらないと言う事態で・・・
本気で悩んだけど
2人なのでおとなしく、モモにしておきました。
こんなのが入るオーブンがあるのがすごいよ!いいな!さすがだ!
Posted by 浜っこ at 2009年11月30日 23:42
>けろちゃん
私はディズニーランドでしかターキーって食べたことなかったんだ。
それを食べる限りは好きだったんだけどね。ものすごい筋肉が厚くて
鶏でいう胸肉が信じられないほど分厚かったよ。皮が美味しいよね!
10人くらいで食べてもまだ半分くらい残る感じで。。
とても食べ切れないよ〜!
Posted by オレンジたろう at 2009年12月01日 04:34
>浜っこちゃん
何というのか。。明らかに人間の頭より大きく中に詰め物したら女の人じゃ重くて持てないことになっていたよ。
日本でもターキーって売ってたんだね。注目したことなかったからわからなかったよ。今回のターキーがすごい残り具合だったことから学習すると鶏ももは正解だったように思うよ〜。
今度、もっとお手軽という、鶏の丸焼きを挑戦してみようと思っています〜!
Posted by オレンジたろう at 2009年12月01日 04:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。