2009年08月19日

Long Beach

8月8日(土曜日)

私たちの住む町からみると南西、405FW North に乗って約30分のところに
Long beachという港があります。
聞き覚えのある地名ですが、ガイドブックをみるとあまり観光スポットがありません。。

しかし、ロングビーチ水族館(!)と大きな元客船が停泊していることを知り
しえとが行きたいというのでいってみることにしました。

まずは水族館から。
夏休みシーズンということもあってか、家族連れが沢山いました。

この水族館は
・Tropical paciffic
・Sothern california paciffic
・Nothern paciffic
というように展示が3つの地域に分かれています。

日本でなら素通りされてしまいそうな地味な水槽(sothern ca pacifficなど)の前にも
子供たちがびっしり群がり。。
アメリカ人は魚に興味が無さそうなんてウソでした。。みんな興味深そうに魚をみていました!

SANY0122.JPG
この水族館の面白いところは、単に魚を鑑賞するというだけでなく
地球にとっての水、とか
フカヒレを食することによるサメの減少、とか
貿易港の話、とか
波と津波の違い、とか
ホヤがどうやって栄養摂取するか、とか
その他諸々の教育的な展示があるところです。

そういう、entertaiment と education が両方組み合わさったもののことを
「edutaimentというのよ、造語だけど」
と英語の先生は言っていました。


SANY0162.JPG
クイーンメリー号は全長約300mの、元豪華客船で戦前にアメリカで作られたものです。
客船として大西洋を行来していたけど、世界大戦の時は物資を運ぶ輸送船としても使われたそうです。
今はロングビーチに停泊しており、船の半分はホテルとして使われています。

SANY0138.JPG
中は長〜い廊下がどこまでも続いています(暗くてみえにくいです。。)

SANY0144.JPG
デッキなども合わせると6〜7階くらいの構造となっていました。
デッキから見える風景は横浜をすごく地味にした様な感じでした。

船には以前から あれ が出ると言われていて
船を見学する人は、強制的にGOASTツアーに参加させられました。。
あれ が出るのは客室の他に
プールとか
エンジン室とかで、作りも古いので普通に不気味でした。

SANY0134.JPG
クイーンメリーの隣には冷戦後、米ロの親交の印にロシアから送られたという
非原子力潜水艦スコーピオンがありました。
こちらにも入ってみたかったけど予算オーバーのため断念しました。

潜水艦はこわいな〜。。
posted by yakutaro at 02:37| Comment(2) | お出かけ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ、クイーンメリーってカリフォルニアに係留保存されてるんだ (@_@)
全く知らなんだ!、です。
クイーンエリザベスと並ぶ豪華客船だったからさぞ中(客室や食堂)は立派だったのでは?
Posted by げん at 2009年08月20日 10:59
>げんさん
クイーンメリーご存じでしたか?
客室は見れなかったですが、船長の部屋はゴージャスでした。
要人を招いて接待していたらしいです。
食堂は今でもレストランとして健在でしたよ〜。
Posted by オレンジたろう at 2009年08月24日 02:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。