2010年01月13日

初べガス☆

私たちの住む地域からアリゾナやユタに多くある国立公園に行こうとするとき、公園入り口のような存在でラスベガスを通過することになります。車で約4,5時間のところです。

ラスベガスはネバダ州に位置しますが、世界恐慌時にこれといった商業をもたないネバダ州が賭博を合法化し、世界大戦後にはマフィアがホテルを建て始め、取り締まりが厳しくなった1960年代に合法的な法人に引き継がれ1980年にホテル建設ラッシュを迎えたそうです。

ホテルが思ったより割安なのも、ビュッフェが夜でも18ドル程度から提供されるのも、色々なショーをしているのも、カジノの客寄せから始まったということです。

ホテルのほんの一部です
PC210010.JPG

PC210011.JPG

PC210012.JPG

PC210027.JPG

PC210033.JPG

夜、暗い道をラスベガスに向けて走るといつしか
「おお、何だあの光は!」
というほど、ここは砂漠、山岳地帯の中の別世界となっています。
確かに明るかったです。
全体的には統一感がなく、それぞれのホテルはテーマをもって統一感がある、という感じでしょうか。

カジノ;今回は未経験のまま終わりましたが
PC270572.JPG
24時間営業で、飲食店もmidnight menuとかありました。

私の興味どころは

ビュッフェ←ホテルごとに違うテーマ、価格など選択肢が多く何度でも楽しめそう。
        しかも全体的に低価格。
ショー  ←シルクドソレイユを筆頭にミュージカル、PETショー、コンサート(最近ではセリーヌディオン                   
        とか)、ストリップ系など様々。
です。

今回は通りすがりなのでショーは次回にしようと思っていたのですが
比較的安くチケットが購入できたzumanityをみることにしました。

zumanity;それはシルクドソレイユによる18禁ショーです
PC270573.JPG

シルクドソレイユによるショーは素晴らしかったです。
でもそのままで素晴らしいから、べつに途中から脱いだりしなくてもいいよ
と、思ってしまったのは私だけでしょうか。
なんか、不自然な感じがしました。
身体能力が優れているひとが、それを存分に発揮している最中で
突然脱いだりするのが。

じゃあ、普通の見なさいよっ。
ですね(笑)。
posted by yakutaro at 12:47| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | ラスベガス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

冬の遠足

今回の道のり;1500マイル(約2300キロ)
いよいよ一枚の地図に納まらなくなってきました
guranndosa-kuru2.JPGguranndosa-kuru1.JPG
                                                  *google map より

12月20日から年末の大きな休みを利用して
ラスベガス経由 モニュメントバレー→グランドキャニオンをまわる旅をしました。
冬のため、標高の高いところ、北部に位置するスポットは避けたつもりでしたが

との戦いでした雪
私の心が吸い寄せられる赤い大地が真っ白の雪に埋もれていました。
丸1日、雪のためホテルに滞在する事態に見舞われたり。。
スリップするおそろしい道を走らなければいけなかったり。。

でした。
posted by yakutaro at 08:01| ロサンゼルス ☀| Comment(6) | お出かけ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

今年初ビーチ

お正月、だらだらしすぎるし、おせちにも飽きてきたので、Crystal coveの砂浜に建つレストランでパンケーキを食べようということになりました。
パンケーキといえば勿論朝ごはんですが、10時に起きたので(5時に寝た、だらだら生活)
お店に着いたら1時間半待ちで、お昼メニューとなってしまいパンケーキにはありつけませんでした(泣)。

2010年初ビーチ:待ち時間に撮影
P1030584.JPG

とても良い天気で、上着が必要ないくらい温かかったです。
海風のあたる少し寒いところでコーヒーを、などと想像していたのですが
皆さんはビールとかジュースとか飲んでおり
イメージを捨て切れずにホットコーヒーを注文しているのは私たちくらいでした。

お店:登場2回目
日本の海の家みたいに、すぐそこに海がある立地です
P1030583.JPG

1月2日にお客さんなんていないだろう、と思っていたのが大間違いでした。
朝から、こんなところ(一応州立公園)では考えられないほどの人出のようです。

P1030585.JPG
クリスマスの飾りはいつまでしてあるのでしょう。
夏にクリスマスを迎えるオーストラリアはこんな感じなのかな〜と思いました。

ところで最近はお休みで時間があるということもあり、
また少し生活に余裕がでてきたのか
そして幾つかの理由もあり
日本に一時帰りたい!!思いがあふれています。
今まであまり思わなかったのにこちらに来て7カ月
やっと人並みに日本が懐かしくなりました。。
あ〜あ。。。
posted by yakutaro at 18:48| ロサンゼルス ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

New Year's Eve

ラム、スクオッシュのグリル、豆のグリル、スクオッシュの煮物、リゾット
中央アジア、ヨーロッパ、アメリカ由来の料理のようです
P1010084.JPG

学校でお世話になっている方に
「寂しいNew Year's Eveを過ごすならうちの家族に遊びに来ると良いよ」
と嬉しい言葉をかけて頂き、作ったおせちとローストビーフを携えて31日夜、遊びに行きました。

私がbelaさんに出会ったのは、会話の練習をするために2カ月前から通い始めたLAPという
学校内で行われているプライベート補講です。
当初から日本の文化に詳しく(私より良く知っている)、オリジナルにはポーランド出身の彼女は
非常に根気よくつたない私等の会話に潤いを与えてくれています。

つい3日ほど前にNew Year’s Eveのパーティーの打ち合わせをしていた時
電話で用件があまりに通じないため、突然彼女が日本語を話し始めました。
薄々感づいてはいたのですが、予想以上に流暢な日本語を話すのでした。


Dana Pointというラグーナビーチをさらに10分ほど南下したところに
彼女のsisterの家がありました。

明らかに海沿いの建物は、大きすぎて最初集合住宅(アパート)だと思ったほどでした。
見たことが無く、一生縁がないと思われる豪邸が私たちを待ちうけていました。

リビング 窓の外はテラスがあってオーシャンビューです
P1010077.JPG

廊下の飾り 
P1010076.JPG

旦那さんの仕事部屋 船内のイメージだそうです
P1010079.JPG

レストルームまで撮らせていただきました(笑)
P1010078.JPG

室内エレベーター
P1010082.JPG

ほとんどおのぼりさん状態で、室内見学をさせて頂きました。
すごいでしょ〜。。

会は2時まで続き、新年を一緒に祝わせてもらえてとても有難かったです。

ところでこちらでも紅白歌合戦が観れます。
今元旦お昼12時ですが、昨日の夜に引き続き、第2回目の放送がはじまります〜!
posted by yakutaro at 05:10| ロサンゼルス ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

明けましておめでとうございます

P1010577.JPG

P1010579.JPG

P1010582.JPG

今年もよろしくお願いします。
こちらはあと12時間後に年明けします。
posted by yakutaro at 05:15| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。