2009年11月27日

Thanksgiving day

11月26日(木)

今日はThanksgiving dayです。11月の第4週木曜日です。
アメリカではクリスマスの次くらいに重要な日ということで木金土日と連休のところも多い様です。
伝統的にはTurkey を焼く日でもあり、私もTurkeyを焼いたことがある人をリーダーとして友達と焼いてみることになりました。

そもそも
感謝祭は、イギリスからマサチューセッツ州プリマス植民地に移住したピルグリムファーザーズの最初の収穫を記念する行事であると一般的に信じられている。ピルグリムがプリマスに到着した1620年の冬は大変厳しく、大勢の死者を出したが、近隣に居住していたインディアンワンパノアグ族の助力により生き延びることができた。翌1621年の秋は、とりわけ収穫が多かったため、ピルグリムファーザーズはワンパノアグ族を招待し、神の恵みに感謝して共にご馳走をいただいたことが始まりであるとされる。------wikipediaより

ピルグリムとはイギリスの清教徒のことです。

日本のおせちのように作るものがきまっていて
Turkey
グレービーソース(Turkeyの内臓や首のエキスからつくったソース)
グランベリーソース(ターキーにつけて食べる甘酸っぱいソース)
マッシュポテト(塩コショウミルク、グレービーソースで味付け)
ストリングビーンキャセロール(いんげんのグラタンみたいなもの)
コーン(バターで炒る)
がラインナップとなります。
当時を再現した食べ物らしいです。

朝早くから集合し、準備。
そして主役登場。ぎゃ〜!!
で、でかすぎる。約7キロほどあります。そして首が気持ち悪い・・。
PB270023.JPG

中を洗って拭いて、スタッフリングを作り詰め、焼き続けること約3時間。
こんがり色に焼きあがったTurkeyができあがりました〜!!
中にはパンなどから構成されている詰め物が入っています。
写真の中心に一部詰め物がみえています。
PB270030.JPG

そして分解して食卓に並ぶ
PB270034.JPG

作り方、材料、非常に興味深かったです。
Turkeyは鶏肉をもっとヘルシーにしたような感じでした。
美味しかったです。
posted by yakutaro at 14:20| ロサンゼルス ☀| Comment(4) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。