2009年10月22日

ヴァーナル滝

気を取り直してまずはヴァーナル、ネバダ滝が見られるミストトレイルを歩くことにしました。
無料シャトルバスでトレイル入口まで行きます。
行って帰って徒歩約2時間のコースです。

PA060068.JPG
はじめのうちは緩やかな坂道でした。
どんどん歩いていきます。

PA060073.JPG
1/4ほどあるいたところ。

1/2くらい進むと橋があり、そこでリスたちに出会いました。

PA060079.JPG
シマリス

PA070158.JPG
しっぽの大きいリス

PA060082.JPG
さらに歩いて行くと勾配の大きな坂道になってきて

PA060084.JPG
そのうち岩登りになりました。

このトレイルは一応 難コース となっています。
でも登山家じゃないと登れない、とかそういうことではなく
年齢とか体力とか運動神経によっては 難あることがある
と、私は理解しました。
実際に息が切れてはきますが、難しいということはなく
急な登りがしばらく続きます。


PA060088.JPG
滝の全貌が見えてきました。
春は水が豊富で、洋服が濡れる程らしいです。

PA060102.JPG
そして人がようやく一人通れるような崖階段を登り終えると
ヴァーナル滝の上にたどりつきました。

達成感があり、景色も良く、気持ちよかったです。

ところで公園内でみられる野生生物には餌をあげないでと
いたるところに看板がみられます。
餌をあげてしまうと動物たちは自分で餌をとることをしなくなり
餌を求めて民家に近づいたり、餓死したりするから
だそうです。

そんな沢山の看板を見ただろうに、
滝の上でリスにバナナを半分あげている人を発見しました。
駄目じゃないの!と言いたかったけど勇気がないので
日本語で言ってみました。。
本当にやめたらいいのにと思います。


滝になる前の川のほとりでおにぎりを食べました。
ここでおにぎりを食べた人はあまりいないだろうと思いました。
posted by yakutaro at 02:29| Comment(0) | ヨセミテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

ヨセミテ国立公園入園

10月5日(月曜日)

十分な休息もとったし
早速ご飯も炊いたし、おにぎりも作って
朝8時、ヨセミテに向けてホテルを出発しました。

活動性が低下していました。とにかく寒いです!
ヨセミテは1890年、アメリカでは2番目の国立公園に指定され、1984年には世界遺産に登録された自然公園で、高度600メートルから4,000メートルの地域を含み、氷河の流れによって作られたU字谷の美しい景色が見どころとなっています。

高度が主な理由だと思いますが、11月からは雪のため閉鎖される道路も多く
この10月初旬でさえ既に、一時的ですが閉鎖された道路もありました。
実際に私たちも予定を変更しなければなりませんでした。
初夏は滝も湖も豊富に水があり、道も閉鎖されることは無いようなのでお勧めの季節のようです。

PA060030.JPG
公園内に入ってからは私が運転できるような道ではありませんでした。
道は狭く、カーブは多く、起伏に富んでおり、たまに崖っぷち。
雪なんて降ってたら助手席に乗るのも嫌な感じです。

PA060037.JPG
東北道の関東北部みたいな景色だね〜
なんて言って走っていたら、そのうち全く違う雰囲気になってきて
あるトンネルを越えたところに絶景が待ち構えていました。

PA060039.JPG
真ん中に見えるのがハーフドーム

PA060049.JPG
トンネルビュー
ヨセミテで最も知られたショットらしいです。
写真でみるといまいちですが、それでも遠近感はわかると思います。
すごい、です。

そこからは圧倒的な岩を横目に全く違う世界のドライブとなりました。

PA060053.JPG
途中下車して川あそび。
川に山が反射して映っています。

PA060050.JPG
エルキャピタン
1枚岩です。ロッククライミングをしに、世界中からクライマーが集まるそうです。

PA060062.JPG
そして無事に公園中心部のビジターセンターまで行きつきました。
話によると、私達の行きたかったグレーシャーポイントは雪により通行止めになっていて
午後か、明日にはいけるようになるかもしれないけど、わからないわ。ということでした。
posted by yakutaro at 04:36| Comment(4) | ヨセミテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨセミテへの道のり

10月4日(日曜日)

サンフランシスコでミーティングがある
ということで私も一緒に遊びに行くことにしました。
サンフランシスコから比較的近くにあるヨセミテ国立公園にも立ち寄ることにしました。

PA050004.JPG
一週間の旅になるので
炊飯器、米、ヨーグルト、ビール、お菓子、ふりかけ、味噌汁のもと、ボール、お皿、お箸、フォーク、ナイフ
の食事関係と
傘、かっぱ、リュック、運動靴、防寒着
など山関係と
スーツ、皮靴、ブーツ、コート
などサンフランシスコ関係で車の中は荷物でいっぱいになりました。。
車は何でも詰め込めるから楽ですね。。

初日.JPG
まずはヨセミテ国立公園に入る直前の宿場町に向けて出発です。
310kmですが、何度かの休憩をはさむと6時間くらいの道のりです。

I−5→99→41でひたすらFWを北上していきます。
いつも走るFWはとても込んでいて、4〜5車線でストレスフルですが
ロサンゼルスを越えたあたりから2車線になり、そのうちひたすら直線道路となりました。

爆走!!です。
この初心者でも80マイル(約120km)時速出して走ることができてしまいます。
ブレーキの踏み方忘れそうになる、というか、アクセルの踏みっぱなしで足がつりそうになりました。

PA050007.JPG
アップルパイとビスケット 2つで99セント
FWには日本でいう 素敵なサービスエリア がないので、ガソリンがなくなりそうな時や休憩したいときは
ファーストフードやガススタンドが集まったような街に一度降りる、ということになります。
一見不便なようですが(特に夜間は)、合理的にも思えます。

FWから見える景色の多くは桃か、クルミか、ブドウか。。
何だったかはわかりませんが、見渡す限りの畑でした。
新潟に行った時、田んぼのでかさに驚きましたが、比ではなかったです。
人の手で収穫しているとしたら、辛すぎる作業だろうと思いました。

PA050013.JPG
走り続けること5時間、休憩をとるのも面倒になりました。
私の運転のまま、目的地まで行くことになりました。
ヨセミテの山が見えてきます。

最初は快適でしたが
そのうち一車線になって、道が狭くなって、山道になって。。
ひぃぃ〜。
とても面白い道だったのに助手席も手に汗にぎっていたのか写真が残っていません。。
PA050019.JPG
途中、道を譲りながら、煽られながらなんとかホテルに着きました。
あ〜、恐ろしかった。

オークホーストは日本でいう12月の気候でした。山だから寒いのだと思います。
ホテルやスーパーの人は無愛想な感じで
私も 10月初旬からこんなに寒かったら気持ちもわかります
と思いました。
posted by yakutaro at 04:16| Comment(2) | ヨセミテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

ハロウィングッズ

10月2日(木曜日)

学校もなく仕事も手が空いた花の金曜日の午後
ひとりターゲットをうろつき目指した売り場はこちら

PA030162.JPG
特設ハロウィンコーナーです。
1か月以上も前から売り物が並び始める様子から
ハロウィンがこちらの人々にとってただならない行事だということがよくわかります。

私もこのコーナーに来ると、意外にも心が躍り
ハロウィンを楽しみにするようになりました。

10月31日は
(偶然にもけろ浜さんがアメリカに上陸中!)
玄関におそろしい飾りをかざって
せんべいなども混ざった
仮装して家を訪ねてくる子供たちもがっかりな
お菓子を渡す予定!!

子供たち、ちゃんと来てくれるかな〜。。

チープなターゲットにぴったりなチープハロウィングッズを
ついに購入してしまいました!

PA030164.JPG
食器は全部プラスチック製で一番大きいものでも5ドル。
到底必要なさそうな物まで買ってしましました。。
m&m'sもハロウィン仕様になっています〜。

ところで連休明けからこちらは急に秋の気候となりました。
昼は相変わらずですが、朝と夜が寒くて
気温差がものすごいです。

朝は霧がでたり、曇りの日があったり。。
あと1か月は頑張ってもらわないと
こちらで寒中水泳をする羽目になる人が。。
posted by yakutaro at 13:37| Comment(4) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族帰る

9月21日(月曜日)

楽しみにしていた4泊5日はあっという間にすぎました。
帰りはまた空港に送って
最後に
アメリカンが食べたいというので

ピザ 
ポテト
オニオンフライ
フィッシュ&チップス
そして
ペプシ

などという恐ろしいものをいただき
胃腸は10時間の飛行に耐えられるのか心配でしたが
2人は荷物検査場に消えていきました。

また来るからね
と言って去っていったと思ったら泣いている姉さん。
泣きたいのはこっちなんですけど!!

今度は海が入れる季節に来たいので
まず痩せないと、と言っていました。

母さんにもとても安心してもらえたようなので良かったです。

そして2人が乗っている飛行機が無事に離陸するのを見届けて
いつもの生活に戻っていったのでした。
posted by yakutaro at 12:54| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。